NISSAN NX
NISSAN NX Coupe 1600 Type B(1990)
ボタンは工事中・・・・・スイマセンm(_ _)m
■ニッサンNXクーペオーナーの情報サイト NX MANIA■
B13型 ニッサン NXクーペに関する情報を発信していくサイトです
NXクーペはもちろん、90年代前半のクルマを中心に、
時には新車についての話も書いていきたいな って思ってます。

2008.3.23に開催された第6回FFサニーの集いPhotoレポートをアップしました。

(前回2007年のレポートはこちら


不定期日記

■2005年9月■

2005年9月11日(日)

15インチアルミに換装

2月にヤフオクで落札したPIAAのアルミにポリッシュ掛けをしてたのですが、仕上がりに満足できずはや半年・・・ 今ついてるタイヤもヒビが入っているし、いい加減危ないので多少妥協しても取り付けることにしました。
色々手間取り、一日で終わるはずが、足掛け2週間、3日をかけての作業となってしまいました。

1日目
前日に届いた、これまたヤフオクで入手した新品のファルケンZIEX 329 195/50 15インチを積んでレンタルガレージへ出発!

しかーし、初日は交換しようと思っていたタイヤバルブが汎用のゴム製ではサイズが合わないことが判明、初日はレンタルガレージの入会のみですごすご帰宅する羽目に。
2日目
翌日ホイール付属の金属バルブに合ったゴムパッキンをホームセンターで入手。しかしレンタルガレージに到着したのが夕方だったため、 タイヤの取り付けとバランス取りに挑戦するも時間オーバー。今日はここまで
3日目
さらに翌週、今度は早めに出かけ、レンタルガレージへは13時到着、これでこのアルミともお別れ。
遠めで見るとまだビカビカだけど、近くで見るとメッキが剥げてボロボロなのです・・・リムにはキズ一つつけてないのに。 
リフトに乗せてインパクトレンチでホイールを外します。さすがプロの道具、作業がラクです。ちなみに会員になると1時間800円でリフトを借りることができます。

外したタイヤの裏側を見てショック!6年間履きつづけたM3は全周にわたって大きなヒビが・・・よくこんなの使ってたな、ゾォ〜

気を取り直して新しいタイヤ装着、リヤは幅7J、オフセット+35のホイールにワイドトレッドスペーサー15mm、さらに6mmのスペーサーをかませて トータルでオフセットは+14という状態。これでほぼツライチかな?
そして完成したのがコレ。メッキとは違うポリッシュの落ち着いた輝きがなかなかよい。とはいえ、16インチ仕様よりだいぶ腰高に見えてしまいます。次のテーマは車高。下がればかなりカッコよく見えるはず!
元のアルミの処分は
A:レンタルガレージ:処分代3000円支払う
B:中古アルミ専門店:処分代0円
C:オートバックスセコハン市場流山店:買取2000円
ということで、2000円で売却しました。5年間ありがとう・・・


■2005年7月■

2005年7月23日(土)

ZOOM アルミボトルホルダー ポリッシュ ZOOM製メタルボトルホルダー

生活感の出ないドリンクホルダーを探していて、見つけたのがコレ。
ロードスター乗りには既に定番のZOOM製メタルボトルホルダーです。ガンメタやブルー、レッドなどのアルマイト仕上げのカラーもあるのですが、 シフトノブや装着予定のアルミにあわせてポリッシュにしてみました。
初代ロードスターの頃からの製品なので、今見ると取り付け部位はちょっと無骨な作りで、装着にもちょっとコツが入りましたが、 NXにも無事装着できました。意外としっかり固定できてます。
お値段は1個2625円ナリ。ドリンクホルダーとしては超高価ですが、なかなかカッコよく気に入ってます。

しかし、ステアリングに位置が近いため、ガシッとぶつけたりして、いつかこぼさないか不安。
そして上部1DINスペースが隠れて見えなくなってしまいました。いよいよエアコンパネルと位置を交換か!?


■2005年6月■

2005年6月5日(日)

携帯ホルダーパッケージ ドイツ製携帯ホルダー

携帯ホルダーっていうとエアコン吹き出し口か両面テープに固定するものばかり。
あまりカッコいいものがないなと思っているときにスーパーオートバックス東雲で見かけたのがコレ
MADE IN GERMANYの携帯ホルダーです。
フロントウインドウに吸盤で止めるタイプで、無骨なデザインが気に入って購入。税込み2835円ナリ。たけぇ〜
携帯ホルダーパッケージ 装着状態はこんな感じ。なかなかカッコよいのですが、携帯のサイドについている外部コネクタに干渉してしまうのでハンズフリーキット等が付けられないことが判明。

ボタンを押すとスプリングが開放されてガバっと開くんですが、今日みたいな直射日光が当たる日はボタンを押さなくても緩んで開いてしまうことが・・・。

結局分解して、スプリングを携帯を開放するのではなく、締め付けるほうに働くよう改造。 ドイツ製ということで期待していた高品質な感じではく、ちょいと期待ハズレ。

ちなみに携帯の下にいるキャラクターはフレッド君。ボールペンです。前回のマンゴーボールペンから変更してみました。 イギリスの製粉会社、HOMEPREIDE社のキャラクターらしい。モノトーンで車内の雰囲気に合ってます。


Copyright (c) 2004/2005 wataken All rights reserved.
-