.

wataken's NX

管理者 WatakenのNXの紹介です

WATAKEN's NX Coupe

日産NXクーペ 1990年式(平成2年)

形式     EB13
グレード   1600TypeB Tバールーフ Sパッケージ
色      ガンメタリックパール
ミッション形式5MT

平成5年12月に3年落ちの中古を78万円+諸費用で購入。以来10年近い付き合いになります。 細かいパーツはいろいろ変えてますがエンジン、吸排気系は全くのノーマルです。購入時の走行距離は約38000Kmでしたが、 2004年7月現在100000kmオーバーしたところです。


WATAKEN's NX Coupe

このNXはアメリカを意識してパーツ選びをしています。写真にはないですが、フルブラ+ダッシュマットをアメリカから輸入してもらいました。
特に輸出仕様のパーツはついてません。
メーカーや車名のエンブレムをすべて取り払い、知らない人には何のクルマか判りません。


テールランプはウインカー部分のみスモークカラーにしています。ユーロテールが欲しいが設定ナシ。
一見太目のマフラーがついているように見えますがただのマフラーカッターです。

装着パーツ一覧

メーカー品名サイズ備考
Fスポイラー日産純正Sパッケージ-プロジェクターフォグ付
Rスポイラー日産純正Sパッケージ--
サイドステップ日産純正Sパッケージ--
Fウインカー自作--ホワイトクリアタイプ
サイドウインカーストリートカンパニーサイドマーカーレンズキット-C23セレナ用
アルミホイールAFXType56 7J×16 OFFSET35クロームメッキ
タイヤYOKOHAMAGRNPRIX M5205-45ZR16-
スプリングトヨシマサスケ-車高約3cmダウン
ショックカヤバNEW SR SPECIAL--
FタワーバーGABHN14パルサーGTI用-yn78さんより譲渡
RタワーバークスコRNN14パルサーGTI-R用-yn78さんより譲渡
ステアリングPersonalトルネード35φダークウッド/ポリッシュ
シフトノブREZOアルミ切削タイプ-ポリッシュ+ローポジション加工
シフトブーツ日産純正パルサーGTI-R用-yn78さんより譲渡
ダッシュマットMOONEYES-ダークグレー/ベロア素材COVERKING社右ハンドル用特注品
MDチューナーPanasonicCQ-MR555D1DIN-
CDプレーヤーPanasonicCQ-DX555D1DIN-
FスピーカーKENWOODKFC-C46210cm×15cm2wayトレードインタイプ
RスピーカーKENWOODKFC-161C16cm2wayトレードインタイプ
パワーアンプBOSSTR45合計410Wローパスフィルター内臓
サブウーファーPatoriot-10inch×2アクリル製バンドパスBOX
その他の変更点
Fナンバープレート:オフセットアルミステー自作+MOONEYESカーボン柄ナンバーフレーム+クリアカバー装着
サイドモール取り外し
WOLF製フルブラ


過去の仕様

1994年〜1995年
1994年〜1995年
購入時は純正スチール+キャップにスタッドレスだったため、まずはアルミということで 中古ショップで新品同様のものを市価の半分ほどで手に入れました。
ペイトンプレイス クラブマンいうホイールで、サイズは6J-14 OFFSETは38、フロントに4mm、リアに6mmのスペーサーをかませていました。
当時ロードスターやシビックに装着した広告があったので割とメジャーな製品だったと思います。
12インチもあったらしくローバーミニ用の設定もありました。
タイヤはもらい物の1部山RE71G、195/60とトランピオ185/60。主に前輪に71Gを使用。 学生で金がなかったので2年ほどこの組み合わせで乗っていました。

色はガンメタで自分のNXにマッチして結構気に入っていました。
足回りはノーマル、ステアリングにモモのヴェローチェレーシング。ダミールーフアンテナ、 モールにプジョー205っぽく赤のラインを追加したりして欧州車っぽい感じで乗っていたのに、なぜかリヤバンパーにムーンアイズのステッカー。
オーディオは純正カセットが壊れていたのでホームセンターの特売品のカセット+6枚チェンジャーに交換しました。


1996年
1996年
就職して初めてのボーナスで念願の16インチアルミを購入。このアルミも当時よく雑誌の広告に乗ってました。 「ワゴン専用」となっていましたが、NXにもよく似合っていて、10cm近くも有る深いリムがとても気に入ってました。 16インチなのにそれ以上の大きさに見え、かなりの存在感がありました。
色はダイヤモンドカットで、メッキやビレットとは違う渋い輝きもお気に入りでした。
タイヤのトランピオも45扁平にしてはとても乗りこごちが良く、なかなかバランスの良い組み合わせでした。
このホイールのオフセットも38で、タイヤの幅が広がった分内側はショックにあと3mmくらいで干渉しそうだったため 14インチのときと同じスペーサー装着してました。

この頃アンプ+サブウーファーを装着。休日はリヤウインドウをズンズン震わせて走ってました。
しかし、アルミ購入後1年ちょっとで事故ってしまい、左前輪部のドライブシャフトやサスを全交換する羽目に。
これがNX最大の危機でしたが、無事修理して復活。
転職と重なったためしばらく14インチに戻しておとなしく乗ってました。



1998年〜2003年
1998年〜2003年
転職先してボーナスも貰えるようになり、あこがれだったメッキアルミを装着しました。タイヤセットで16万円。
ビカビカに光りNXの曲面ボディにも似合っているのですが、どうもかなり重いホイールのようです。
ARE AFX56(7J-16 OFFSET35)とYOKOHAMA GRANPRIX M5(205/45-ZR16)の組み合わせ。
M5はロードノイズがでかくて最悪。早く代えたいと思いつつ、もう5年もそのままです。

1999年ごろオーディオをPanasonicに変更。当時イルミネーションギラギラのものが流行っていたので、その中でも一番派手なパナソニックにしました。 NXは真ん中にエアコンパネルをはさんで上下1DINづつというふざけたレイアウトだったので、2DINのユニットが入らずやや妥協した面もあります。 ステアリングはメッキアルミにあわせてメッキスポークのパーソナルに交換。
足回りも一新したくなりカヤバニューSRスペシャルにトヨシマのサスケの組み合わせをセットアップ。
さらにMOONEYESでダッシュマットとフルブラをアメリカから輸入してもらい完全にアメリカンな雰囲気になりました。
この状態で2000年、MOONEYES主催のストリートカーナショナルズに参加しました。

2000年6月、めでたく結婚した後は仕事が忙しくなり、 興味がクルマからPCとPDAに移ってしまい、しばらく洗車のみの放置プレイが続く。
最近クルマに興味が戻ってリフレッシュ作戦を実行中です。

copyright (c) 2004 wataken all rights reserved.