.
14th AWARD MOONEYES STREET CAR NATIONALS
【No.1】
-2000.4.30-
毎年たくさんのアメリカ車&国産車が集まる
目玉のマークでおなじみのムーンアイズ主催のイベント
ストリートカーナショナルズにNXで参加した時の記録です。

会場2000年で14回目となるこのイベント、毎年増加する参加者を収容できる会場を探すのが大変らしく、2年連続で行われたお台場地区を離れ、千葉ニュータウンで行われました。
去年までは地面がコンクリートだったのですが、砂利になってしまったのが少々残念。
そのかわり会場はこのような広さで開放感は最高でした。
会場参加するためには事前にエントリーが必要で、参加費用は1万円。写真による審査が事前にあり、 いわゆるVIP系やバニング系はイベントの趣旨と異なるのか参加できないようです。
そんなわけで中心となるのはアメリカ車、ミニトラック、アメリカを意識したドレスアップをしている国産車、国産旧車のカスタムカーなどが中心になります。

会場会場はアメ車、国産車、ミニトラック等のジャンル別に展示エリアを区切られていました。 僕のNXは国産車のエリアの端の方に並べられました。来た順番に並べられていくので、いい場所かどうかは運次第というところです。
NXこれが今回参加した僕のNXです。ノーズブラを強調させるためにナンバーははずしてあります。
やはりNX自体が珍しいのか、ノーズブラをつけた姿があまりにも奇妙なのか、足を止めて見ていってくれる 人が結構いました。
NX実は参加前日に運転席側のパワーウインドウがしまらなくなり、修理工場に駆け込んで とりあえず閉めて固定してもらいました。Tバーを全開にしようと思っていたのに残念。

サニーカリフォルニア周囲の参加車もいろいろ見てきました。新旧サニー系の各車とスポコン系の気に入ったものを 紹介していきます。
これはB12系「トラッドサニー」の時代のワゴン、サニーカリフォルニアに17インチを装着したクルマ。個人的にはもとの車の雰囲気を損なわない控えめのカスタムで結構好きです。
ワゴンとはいってもビシッとオールペンした車もやっぱり綺麗でいいですよね。
これもやはりサニー系で先代のサニーカリフォルニアか?ADバン/ワゴンか?同じ色に塗られた隣のアベニールと共にキャンディレッドが決まってました。
B12セダンこれもB12トラッドサニーです。オーナーさんが一生懸命タイヤ交換してました。
後期型のNXにも設定されていたような明るいブルーがいい感じです。
B310セダンこれはB310ですね。こういう70年代の日本車も結構来ていました。

copyright (c) 2004 wataken all rights reserved.